マイクロスコープ 精密な根管治療 歯内療法


マイクロスコープによる さらに高精度な治療

マイクロスコープ
▲カールツアイス社製の
マイクロスコープ

最高水準の治療が出来る体制

拡大鏡(ルーペ)よりも、さらに高精度な治療を実現するため、
当医院ではドイツのカール・ツァイス社製の最新マイクロスコープを導入しております。

脳神経外科や眼科など、精緻な治療が必要な分野で使用されていた製品で、歯科で導入している医院、扱える歯科医師は限られています
※日本で導入している医院は数%程度と言われています

マイクロスコープの倍率と「光」

照射

拡大鏡では最大でも10倍程度までですが、マイクロスコープでは21.3倍まで拡大出来ます。
ただ、マイクロスコープと拡大鏡(ルーペ)の違いは、その倍率だけではありません。

最大の違いは、「光」です。

拡大鏡は、その名の通り、拡大することしか出来ませんが、
マイクロスコープでは、患部に光を当てることが出来るため、
今まで見ることが出来なかった細部まで、しっかりと診ることが出来ます

このマイクロスコープを用いることで、歯を削る範囲や歯ぐきの切開を最小限に留め、
より正確で精度が高く、体への負担の少ない治療が実現出来ます。

マイクロスコープが特に活躍する根管治療

例えば、根管治療(根っこの治療、神経まで細菌が感染した時の治療)を行う時などに、
このマイクロスコープが特に力を発揮します。

※根管治療・・・
 歯の中枢部にある神経や血管の通っている部分に細菌が入り、
 死んでしまった神経や血管や汚染された象牙質を取り除き、
 根管の中を清掃し、消毒する治療

根管の中は非常に細く複雑で、肉眼では見ることが出来ません。
そのため、マイクロスコープがない場合も、様々な機器を用いて治療を実施するのですが、
医師の勘と手探りでの治療になるため、完全に治療することは困難でした。

それに対し、マイクロスコープを用いれば根管内を拡大し、今まで見えなかった細部まで
はっきりと観察
出来るようになるため、より精度の高い治療が可能となります。
また、当院では歯科用CT撮影も導入されているため、必要に応じて確認を取りながら治療を進めることも出来ます。

根管治療(神経や血液の通っている部分、根っこの治療)は特に、
きちんと治療をしておかないと、根管に残った細菌により、
せっかく入れた、きれいな被せ物を取り外し、治療をやり直さなければならなくなります

当院では、そういった事が無いよう、最新のマイクロスコープを導入し、
精度の高い治療を致します。

マイクロスコープによる治療例

ここでは、マイクロスコープで実施した治療例を掲載予定です。
現在、掲載内容を制作中です。

マイクロエンド(保険外診療)の費用

※根管の数に応じて金額が異なります

個人差もありますが、歯の種類によって根管の数は変わります。

根管の数

料金

  • 1根管につき15,000円
  • 料金については、事前にしっかりとご説明させて頂きます。
  • 歯の状態や根管数によって治療費が変更となる場合がございます。
  • 感染根管治療は、これまでの治療状況、根の形や湾曲などの要因により治療結果が左右されます。本治療(マイクロエンド)により治療精度は大きく高まり、歯を残せる可能性は高まりますが、ごく稀に、どれだけ時間をかけ、精緻な治療を行ったとしても抜歯せざるを得ないケースもあります。
    その際には費用の返金は致しかねます(治療開始時に、リスクについてはご説明させて頂きます)。

詳細はお問い合わせください。(保険診療の範囲内で診察を行い、その範囲で判った事実を基にご判断頂くことも可能です。)

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
047-401-4433
●月~金 09-20時 *お昼休無(最終受付19:30)
●土日祝 10-13時 / 14-18時(最終受付17:30)

初診用診療予約無料カウンセリング

診療時間表
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台3-1-1 エキタきたなら3F
きたならエキ歯科

地図

新京成線/東葉高速鉄道
「北習志野駅」直結駅ビル

駐車場20台完備(マツキヨのビル地下)