インプラント治療 5つのこだわり

オペ室・CT

インプラント治療に際して5つのこだわりをもって治療にあたっております。
安全・確実な治療は当然として、いかに患者様に満足して頂けるか、いかに治療後もお口の健康状態を維持していただけるかに焦点を当てて、インプラント治療の体制を構築しております。
以下、当院のインプラント治療をご紹介いたします。

※当院のインプラントHPがオープンしました。こちらもぜひご覧ください。
インプラント専門外来|千葉インプラントセンター船橋

安全・確実なインプラント治療の実現。
万全の体制を整えています。

オペ室
▲クリーンルーム完備で完全無菌の最新オペ室

こだわり1 安全・確実なインプラント治療

インプラント治療で最も忘れてはならないことは「安全・確実な治療であること」です。
当然のことかもしれませんが、これを怠る歯科医師がいるのでインプラント関連の悪いニュースが取り沙汰されているのです。

本来、インプラント治療は決して難しい手術ではないのですが、きたならエキ歯科ではインプラント治療における基本を徹底し、そのために努力を怠らないことが必要だと考えております。
安全性・確実性を高めるために次の取り組みを行っております。

1、感染を防ぐための滅菌や衛生管理

医療機関として当然の事ですが、術中に使用する器具の滅菌や、手術を行う診療室の衛生管理を徹底して行っております。

また、感染を防ぐために手術の数時間前から他の患者様の診療室への出入りを禁止したり、手術にはアシスタントが付くことで不衛生なものを執刀医が手に触れないようにするなど、万全の感染対策・滅菌対策を整えています。

  • 手洗い
    ▲常に清潔な環境で
  • オペ室
    ▲完全個室 オペ室完備
  • 滅菌
    ▲すべての器具を滅菌しています

2、生体情報モニターやAEDを用いた緊急時対応

前述した通り、基本を徹底していればインプラント治療は決して命に関わるものではないのですが、緊急事態が起きた時のために、手術中の患 者様の状態を把握できる生体情報モニターやAEDをきたならエキ歯科では導入しています。

  • 生体情報モニター
    ▲生体情報モニター
  • AED
    ▲AED

3、3つのインプラントシステムの活用

<ブローネマルクシステム>

国内には約50種類のインプラントシステムが存在しますが、医院ごとに採用しているシステムが異なるため、医院選びに際しましては埋入するインプラントの「安全性」・「耐久性」についても考慮する必要があります。

現在、世界的に安全性と耐久性が実証されているインプラントシステムといえば、スウェーデン製の「ブローネマルク・インプラント」であり、様々なインプラントの研究・科学的な文献による裏付けがあります。また、インプラント自体の感染をおこさないための生産管理も徹底しています。

ブローネマルク・インプラントを製造しているノーベルバイオケア社は近代インプラントのパイオニアであり、50年以上前の1965年に世界で初めて患者さんの治療に使用されました。埋入されてから10年後の残存率は98%、これまでに一つも後遺症が報告されていないことから、世界50ヵ国以上1000万人以上の治療に用いられています。

ノーベルバイオケア社は歯科インプラントで世界で最も高いシェアを誇るマーケットリーダーであり、Branemark Systemは世界でもっとも臨床年数実績があるインプラントシステムです。

シェア
☆ノーベルバイオケア社のインプラントシステム
(世界シェア37%、日本シェア40% 共にNO1)

ノーベルバイオケアパートナーズ

▲Nobel Biocare Partners 認定

インプラントを考える際、シェアの比率も非常に重要な要素となります。
前述しましたが、インプラントメーカーによってネジなどのパーツ1つ1つの規格が全く異なり、メーカー間の互換性がありません。

仮に埋入されたインプラントのメーカーが倒産してしまったら、部品の交換が難しくなりますし、引越先にそのインプラントを扱っている歯科医院がなければ 、わざわざそのインプラントを扱っている歯科医院まで足を運ばなければならない事態も生じてしまいます。

これらを考慮した際、世界的シェアを獲得しているインプラントシステムを選択することで、手術後の心配もなくなります。

<ストローマン>

ストローマン

ブローネマルク・インプラントを製造しているノーベルバイオケア社と双璧をなす高品質インプラントをつくる最高位の老舗メーカー。精密機械産業で世界的に有名なスイスのバーゼルに本社があり、世界で500万人以上の患者さんがストローマンインプラントによる治療を受けており、世界シェアの面でもノーベルバイオケア社と1、2位を争い続けています。

97%を超える成功率(インプラントとしての一定の機能を果たしているかを示す値)を誇り、同時にインプラント周囲炎の発生率は1.8%とかなり低い値であることなど、科学的にその高い品質が証明されております。また、直近では、親水性を極限まで高めたインプラントの開発に成功し治療期間の大幅に短縮を可能にするなど、インプラント技術の革新をリードしているメーカーでもあります。

ストローマンパートナーズ

▲Straumann Partners 認定

<京セラのインプラントシステム>

京セラインプラント

安心の10万円インプラント
臨床年数25年、日本製の日本人に適したインプラント・システム

京セラが日本人向けに開発したインプラント・システムは、1989年に開発されました。

それは、生体親和性の高いチタン合金を表面処理し、それまでセラミック製インプラントではできなかった形状やシステムの多様化を実現しました。すでに多くの歯科医師に採用され、年間4万本が使用されています。

他院でも行っている国産10万円インプラント、当院との違いはここ!

激安インプラントとして10万円前後のインプラント治療もすでに当たり前の時代になってきました。しかし、10万円インプラントの実態はあまり知られていません。10万円インプラント治療で多くの歯科医院では、「1ピースのインプラント」を使用することが主流となりつつあります。

なぜなら、2ピースのインプラントよりもパーツが少ないため、コストを抑えることができるからです。しかし、2ピースよりも感染リスクが高く、審美性が劣るという面があります。
このため当医院では、2ピースのインプラントを採用し、1ピースのインプラントと同じ価格帯で行っております。

4.安心の保証システム

なぜ、保証制度が必要なのでしょうか。それは、インプラント治療や白いかぶせ物のような費用がかかる治療に対して、患者さんに安心していただくためです。
十分な治療説明、かかる時間、費用とその保証内容を知っていただく事が大切です。
詳しい保証制度は当院にてご説明いたします。

<ブローネマルクシステム10年保証> <京セラの5年保証>の内容↓

5.CT撮影による精密診断を行ってます

ノーベル社の世界最高クラスのソフトであるクリニシャンを導入してます。このクリニシャンを利用し、インプラントの治療計画シミュレーションから埋入にいたるまでの、一連のインプラント治療をより安全、かつ正確にサポートします。

クリニシャン1

<補綴主導型の治療計画>

患者様の解剖学的な構造と補綴の形態を組み合わせ、インプラント支台の補綴ソリューションを確実に実現させます。

クリニシャン2

<常に全体像を見ながら治療計画を実施>

骨質と骨量、重要な解剖学的な構造、そして補綴の形態といった様々な要因に基づき、インプラントの埋入位置を最適に決定できます。

クリニシャン3

6.理想的な噛み合わせ「フェイスボウ」

フェイスボウ
▲Denar社
スライドマチック・フェイスボウ

当院では、精密な噛み合わせを構築するため、Denar社のスライドマチック・フェイスボウという診断機器を導入しています。

フェイスボウは、患者さんそれぞれに適した歯の形態を作る為に必須な製品です。

関連記事 ⇒ フェイスボウについて

7.手術専用ライト(無影灯)を使用し、安全性を高めています

無影灯
▲手術専用ライト(無影灯)

インプラントなど、狭く暗い口腔内で、精緻な処置を必要とする外科処置の安全性を高めるため、影を作らず、明るく口の中を照らす「無影灯」を使っています。

無影灯を使うことで、通常の歯科用ライトでは光が届き難い場所まで照らせるだけでなく、手術中の動作でどうしても生じてしまう影も削減出来るので、手術の安全性・正確性を高めることが出来ます。

8.フラップレス術式(歯肉を切り開かないインプラント治療)

フラップレス術式

フラップレス術式とは、歯肉の切り開きをしない手術方法のことです。

インプラントは、人工歯根を顎の骨の中に直接埋め込み、その上に歯冠を製作していきます。そのため、インプラント手術は通常、歯肉を切り開き、顎の骨を露出させて行う手術が必要となります。

最新の技術を用いることで、この【歯肉を切り開く→縫う】を行わなず、必要最低限の穴(直径3mm程度)だけを開けることでインプラントを埋入する切り開かないインプラント治療を、フラップレス術式と呼びます。

これを実現するのが、最新鋭の歯科用CTと、コンピュータによるシミュレーション、CAD/CAM技術などを応用した最新技術です。

フラップレス術式のメリット

フラップレス術式には、従来のインプラント治療方法に比べ、大きなメリットがあります。そのメリットを簡単にご紹介します。

(1)患者さんの手術負荷低減

必要最低限しかメスを使用しないため、歯肉を切り開く従来の手術に比べ、出血が少なく、手術後の腫れや痛みも大幅に軽減できます。このように体への負担が少ないので、特に高齢者や血液抗凝固剤を服用されている方などに向いたインプラントです。

(2)治療期間の大幅短縮

周囲の組織をほとんど傷つけないため、周辺組織の治癒を待つことなく、次のステップに進めるため、治療期間が飛躍的に短縮できます。

(3)安全性と正確性の向上

患者さんに合わせて作成するサージカル・テンプレート(※後述)により、より正確に、治療計画に沿ったインプラント埋入が可能になります。

(4)審美性と実用性の高い手術

手術後の歯肉の腫れ、出血、痛みを最小限に抑えるので、治療中の審美性も向上するうえ、手術が完了したその日から食事をとって頂けます。

フラップレス術式の流れ

手術を行う前に精密検査(CT撮影)を行い、インプラントを埋め込む最適な位置をコンピュータによりシミュレーション設計を行います。ここまでの工程は、当院では全てのインプラント治療で必ず行っています。
特徴的なのは、この後です。

設計した埋入位置に、正確にインプラントを埋め込むため、CTデータなどから『サージカル・テンプレート』を作製し、このテンプレートを患者さんのお口の中に固定して、インプラントを埋入するための穴(3mm)を開けます。

サージカルテンプレート
▲サージカルテンプレート

サージカル・テンプレートには、このような穴が開いており、患者さんの口の中で設計通りに正確にインプラントを埋入する穴を開ける事が出来ます。

こうした緻密な工程を経ることで、歯肉を切ることなくインプラント手術をすることが可能になります。

フラップレス術式を実現するための必須項目

ただ、この術式は決して容易な治療法ではありません。以下の全てを満たした歯科医院のみが実現出来る、最新の、高度なインプラント手術システムです。

  1. インプラント技術全般における豊富な経験と知識に裏付けられた高い設計技術と、シュミレーターを用いた精緻なシミュレーション技術の双方を兼ね備えた歯科医師がいること
  2. 最新型歯科用CT、ノーベルクリニシャン(シミュレーションソフト)、専用手術室、滅菌システムなど高度な手術を実現する設備とスタッフが揃っていること
  3. インプラントやこのサージカル・テンプレート作成に通じた歯科技工士がいること

ただ、インプラントを埋め込む位置に充分な量の良質な骨があることが重要ですので、全ての患者さんに適した術式と言う訳ではありません。

当院では、本術式も含め、患者さんの状態に合わせた手術をご提案させて頂きます。

こだわり2 安心リラックス麻酔による無痛治療

ほぼ眠った状態で手術 を終わらせる

静脈内鎮静法

麻酔科専門医との連携により、手術に不安がある方には静脈内鎮静法で痛くない治療を心がけています。基本的にインプラント手術では身体への負担が大きい全身麻酔ではなく、通常の治療の際に使用する局所麻酔を用います。

局所麻酔だとしても、手術中に痛みを感じることはありません。
しかし、局所麻酔なので意識がはっきりとしていますので、手術中の物音や会話が全て聞こえてしまい、緊張や不安を感じてしまうことがあります。このことが原因で、心身に大きなストレスをもたらし、場合によってはパニックになったり、呼吸・血圧・脈拍等に影響を与えることもあります。

そこで全身麻酔に近いにも関わらず身体に負担の少ない「静脈内鎮静法」という方法をきたならエキ歯科では採用しています。この静脈内鎮静法により患者様は「うとうと」した状態になり緊張や不安を感じないまま手術を終える事が出来ます。

この方法を利用した患者様のほとんどが「気づいたら終わってた」とお話しされます。もちろん、副作用や後遺症などありませんのでご安心ください。静脈内鎮静法は患者様の希望がある場合のみ行いますので、希望される方は担当医までお伝えください。

こだわり3 「インプラント」という選択肢がすべてではない

「インプラント治療が一番良い治療法とは限らない」
これはとても重要な考えです。歯を失った部分の治療には、
インプラント以外に入れ歯やブリッジなどの治療法もあります。
インプラントには、たしかに他の治療にはないメリットがたくさんあります。
ただ、他の治療より全ての面で優れている訳ではありません。
インプラントは外科処置が必要であり、それがどうしても不安な方もいらっしゃいます。
その時は、一度、入れ歯にトライしてみるのも一つの選択肢だと思います。
また色々な医院で話を聞いたからといって、インプラントだけが唯一の治療法と思いこまないで下さい。
あなたにとってインプラントが色々な意味で負担が大きいと感じれば、それは「いまインプラント治療をする時ではない」のかもしれません。
あなたが心から「インプラントがしたい」と思える時が、治療をする時です。
インプラント治療のメリット・デメリットの説明をしっかり受け、結論を急ぐことなく、ゆっくり考えることが大切です。

奥歯を1本失うだけで、「噛む」力は大幅に低下する?!

人間の歯は28本あります。このようなお話を患者様にすると、「28本もあるのだから、1本ぐらい無くなっても大丈夫 でしょ?」と仰る方が非常に多いことに驚かされます。
最初にきっぱりお伝えしておきますが、そのようなことは全くありません。
奥歯を1本失ってしまった場合だけで噛む力は大幅に低下してしまいます。
この事実をみなさまはご存知でしたでしょうか?

歯を失ってしまえば噛む力が大幅に低下するだけでなく、上の歯を失ってしまった場合においては、そのまま放置しておくと 、失ってしまった歯の両隣の歯が倒れこんできます。これが下の歯になると、上の歯が下に落ち込んできます。

歯を失った場合の治療法には3つの選択肢があります

歯を失った場合には、「インプラント」「ブリッジ」「入れ歯」の3つの選択肢があります。
本題に入る前に、まずはそれぞれの治療法をご紹介してまいります。
インプラントとは?
様々なメディアで「インプラント」は取り上げられておりますので、この言葉を耳にしたことがある方は多いかと思います。
インプラント治療は、歯を失ったところを回復する治療としては、現在の歯科医療において最先端の治療方法だと言えます。この治療法では、歯を失わ れた箇所に人工のネジを埋め込み、その上にかぶせものを装着します。それにより、天然歯と同程度の噛む力まで回復することが可能です。
後述するブリッジや入れ歯と異なり、周囲の天然歯に負担を掛けることもなく、見た目においてもほとんど自分の歯と変わらないこともインプラントの 特徴です。

治療法によって噛む力は何倍も異なります!

このテーマについてご説明する前に、まずは下記の図をご覧ください。

みなさまにご覧頂きたいのは、赤枠で囲んだ「かみ応え」という項目です。ご説明するまでもありませんが、インプラントであれば天然歯とほとんど変わらず噛むことができます。

それと比較してブリッジでは「噛む力」は天然歯の6割であり、入れ歯においてはなんと天然歯の1/3しか噛むことができないのです。ブリッジや入れ歯にしたことがない方は、噛む力が弱くなることにピンと来ないかもしれません。

ただ、ひとつ覚えて頂きたいことは、みなさまが想像している以上に「噛む」という行為は人間が生きる上で必要不可欠な行為だということです。

歯を失った際の治療選択肢

  • 前歯
    ▲インプラント
  • 奥歯
    ▲ブリッジ
  • ブリッジ
    ▲入れ歯

比較表

インプラント・ブリッジ・入れ歯の耐用年数比較

耐用年数比較
出典:インプラントジャーナル

「入れ歯」…4年経過後に50%の入れ歯が破損・不具合などで作り直しになります。
「ブリッジ」…8年経過後に50%が破損・不具合などで作り直しになります。
「インプラント」…10年経過後でもわずか4%のみが破損・不具合で作り直しとなります。

50%に到達するにはまだまだ時間的余裕があり、しっかりしたメンテナンスを行っていれば、生涯を通して使用できることが分ります。
この統計により、インプラントが他の治療法と比べどれだけ安定性・信頼性があるか理解して頂けたと思います。

こだわり4 「インプラント」費用について

インプラントの費用は高い?!

最高の歯科医療を提供しようとする際に、ネックとなるのが費用の問題です。
特にインプラントのような高額な治療に関しては、歯科医師として高額な費用を請求しなくてはいけないことに、一種の心苦しさを 感じているというのが本音です。
ただ、それでもきたならエキ歯科では、歯を失った際の選択肢の1つとして、インプラントをお伝えするようにしています。その理由は、長い目で見た場合に「費用対効果」がよいという一言に尽きます。

―インプラントが長い目で見た場合に費用対効果がよい理由―

日本人には、歯を失っていく典型的なパターンというものがあります。

まずは歯を一本失うところから、すべてが始まっていきます。

多くの方が保険の「ブリッジ」を選択され、両方の健康な歯を削ってしまいます。

何年かすると、支えとなっている歯がダメになってしまい、
抜歯して「部分入れ歯」を入れます。

部分入れ歯をひっかけている歯がダメになってしまい、
部分入れ歯の範囲が拡大していきます。

そして、最終的に「総入れ歯」になってしまいます。

このような負のスパイラルにくさびの役目を果たすのがインプラントだといえます。
インプラントは、入れ歯やブリッジのように周囲の歯に一切の負担を与えませんし、高額なインプラント治療をされた方は、「二度とこのような思いをしたく ない!」
ということで、定期的なメンテナンスに通っていただく方が多く、その後、歯を失わなくて済むケースが圧倒的に多いといえます。

下図は80歳の方に対しての調査で、「歯が20本以上ある方」と「9本以下しかない方(入れ歯もしていない)」で日常生活の自立度を調べたものです。最近ではしっかり物を噛むことが「ボケ防止になる」とか「身体機能を維持する」などと言われていますが、実際はどうなのでしょう。

この調査からそれが分かります。結果としましては、「歯が20本以上ある方」の約80%が日常生活を自立して行えており、「9本以下しかない方(入れ歯をしていない)」においては、約20%の方しか日常生活を自立して行えていないことが分かりました。

80歳の方に対しての調査

安全で審美性の高い2ピース

激安インプラントとして10万円前後のインプラント治療もすでに当たり前の時代になってきました。しかし、10万円インプラントの実態はあまり知られていません。10万円インプラント治療で多くの歯科医院では、「1ピースのインプラント」を使用することが主流となりつつあります。

なぜなら、2ピースのインプラントよりもパーツが少ないため、コストを抑えることができるからです。しかし2ピースよりも感染リスクが高く審美性が劣るという面があります。このため当医院では、2ピースのインプラントを採用し、1ピースのインプラントと同じ価格帯で行っております。

インプラント価格表

オールオン4(All-On-4)はこちら

ロケーターインプラント(インプラントと入れ歯の結合)

ロケーターインプラント

ロケーターインプラントとは、インプラントと入れ歯を結合させ、入れ歯を外れにくくし、入れ歯の痛みを軽減することができる治療法です。入れ歯の取り外しができるので、衛生面でも優れています。

内容 費用

リプレイス

インプラント2本×24万=48万円

ブローネマルク

インプラント2本×34万=68万円

入れ歯

9万8千円

57万8千円(税抜き)から14本の歯をつくることが可能!

無料相談会実施中。費用や施術内容など、お気軽にお問い合わせください。

こだわり5 実績・豊富な臨床経験に基づき、難症例にも対応

他医院でインプラント治療を断られた方も一度ご相談ください

院長の冨田は、インプラント埋入本数 年間900本以上の豊富な臨床経験を持ち、多種多様な難症例での実績があります。

成功率 上顎:98.7%
下顎:99.3%

また、様々な専門機関より専門医・指導医など各種認定を付与されており、こうした実績と評判から、遠方の患者さんにも来ていただいております。

インプラントを希望する多くの方から、食事をすることが以前のように楽しくなりましたと感謝されることがスタッフの1番の喜びです。CTやインプラント専用システムによる3次元画像診断を何度も実施し、インプラントの角度や深さを精密に診断します。こうした最新設備と優秀なスタッフがいる当院では、骨がないと他院で断られた患者さんは勿論、無歯顎から1日で歯が入るオールオン4(All-on-4)と言う高度な治療も可能です。

こうしたインプラント手術当日に噛める状態にする即日荷重には優れた技工士との密な連携が必要なため、院内ラボを有する当院だからこそ実現出来ます(以下の症例参照)。

また、インプラントは治療後のメインテナンスをしっかり行っていくことも大切ですので、手術後のケアについても二人三脚であなたにあったメンテナンスプランを提供致します。

オールオン4(All-on-4)症例

▼当院にて、一日で歯を立てた実例です
オールオン4の症例

当院の様々な最新技術についてはこちらのページをご覧ください。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
047-401-4433
●月~金 09-20時 *お昼休無(最終受付19:30)
●土日祝 10-13時 / 14-18時(最終受付17:30)

初診用診療予約無料カウンセリング

診療時間表
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台3-1-1 エキタきたなら3F
きたならエキ歯科

地図

新京成線/東葉高速鉄道
「北習志野駅」直結駅ビル

駐車場20台完備(マツキヨのビル地下)