虫歯(歯が痛い)


虫歯

虫歯
▲少しでも痛みがあれば…

虫歯は、歯にたまった食べかすをお口の中の細菌が食べて酸を出し、それによって表面の歯面(エナメル質)が溶けることによって始まります。

「治療が終わってもまたすぐに虫歯になってしまう」という方も多いと思いますが、適切な歯磨き・ブラッシングと定期検診によって虫歯を予防することができます。

虫歯かな?と少しでも感じましたら、そのままにしておかないで、一度定期検診をされてはいかがでしょうか?

根面う蝕

歯の根元の虫歯
▲歯の根の表面に虫歯ができる

歯の根元部分にできるむし歯を根面う蝕といいます。これは、歯ぐきと歯の間にすき間ができ、むし出しになった歯の根面に起きるむし歯です。歯肉炎や歯周炎でなくても、年齢を重ねるとともに歯ぐきは次第に痩せて下がってきて、むし歯になりやすくなります。

唾液の量が減ったり、歯ぐきがやせてきて、歯根の表面が露出するためになりやすいと言われてます。

歯の根・神経の治療

リーマー
▲根管治療

虫歯がかなり進行すると、歯の根っこや歯髄(神経)が細菌に感染して炎症を起こし、腫れたり痛みが出たりすることがあります。

きたならエキ歯科では歯の神経の治療や歯の根っこの治療も行っております。気がつきましたら早めに受診することをお勧めしています。

当院における、最新の「根の治療」 3つの特徴

  • ニッケルチタンファイルのエンジン
  • ニッケルチタンファイル
  1. 米国における根の治療の最重鎮であるDr.ラドルから学んだ最新の技術を活かしながら根の治療をおこなっていきます。
  2. 「ニッケルチタンファイル」と呼ばれる根の治療専門の器具を使用。根の洗浄・根充をしっかりと行います。
  3. ラドル先生
    ▲米国根の治療の最重鎮ラドル先生
    削る量を最小限にすることで“残せる治療”を心がけています。根っこの治療技術は世界的に見てこの数年急速に進んでいます。今の最新の技術レベルは第4世代と呼ばれており、ニッケルチタン性の特殊な形態をしたバーを用いてNEWプロテーパー・ウェーブワンと呼ばれるシステムによって根の治療を進めていきます。それによって、網の目状に広がっている細菌を除去することが可能になりました。当院では常に最新の医療技術を治療に取り入れていければと考えております。

ページの先頭へ

ドックスベストセメント

ドックスベストセメント
▲ドックスベストセメント

ドックベストセメント(Doc’s Best Cement)とは、虫歯を出来るだけ削らずに、殺菌して歯(神経)を残す治療方法です。
その名の通り、セメントのような薬を治療部に置きます。

この主成分である銅などの殺菌効果により、虫歯菌を抑えます。
一般的な治療法よりも、歯を削る量が少なくなりますので、痛みを抑え、しみ難くなり、神経を残せる可能性が高まります。

ただ、どんな症状でも適用できる訳ではありません。
まずは、ご相談ください。
当院には、根の治療の専門家など様々な専門家がいますので、幅広い選択肢の中から、患者様との相談のうえ治療方法を検討していきます。

拡大鏡(ルーペ)使用した精密な治療

患者様全てに精度の高い治療を提供したい

拡大鏡
▲カールツアイス社製の拡大鏡

当院では、カールツアイス社製の拡大鏡(ルーペ)を使用し、精密な治療を行っております。

拡大鏡を使うことにより、肉眼では見ることの出来ない歯の細かい凹凸や、隠れた根管、補綴物のフィット状態など、詳細な口腔の状態が分かります。

また、倍率についても、裸眼、2倍、5倍、10倍とは、それぞれ見え方も全く異なることから、それぞれの治療に最適な倍率で見ることが必要です。その結果、より精度の高い治療が行うことが可能となります。

拡大鏡が精密治療を可能にしています

歯科治療ではどこまで細かいものを見る必要があるのでしょうか?人間の裸眼の限界は0.2mm(二点識別域)といわれます。例えばクラウンの適合性のケースでは、数十 μm程度の範囲ならば十分に良好と言われてます。つまり、歯科治療に限って言えば、裸眼だけでは必要十分なレベルを満たしているとは言えないのです。

歯のヒビ

ここで、拡大鏡(カールツアイス)を使った場合の視野を確かめてみましょう。画面から35cmだけ距離をとっていただき、次の写真をご覧ください。35cmというのは、実際に拡大鏡を使用した時の 平均的な作業距離です。

裸眼ではよっぽど気をつけないと見落としてしまうかと思いますが、3倍の拡大鏡でも50μmまで容易に確かめることができるため、破折線も明確に識別できます。

3倍、6倍 、10倍になるとまるで違う世界に。これまでの視野で本当に「見えて」いたといえるのか、不安になってしまうほどです。言うまでもなく、初期段階の破折線が「見える」か「見えない」かで、治療の精度が格段に変わってきます。

拡大鏡を使わなければ発見できないこの亀裂こそ、患者様がしみる原因だったのです

マイクロスコープによる さらに高精度な治療

マイクロスコープ
▲カールツアイス社製の
マイクロスコープ

最高水準の治療が出来る体制

拡大鏡(ルーペ)よりも、さらに高精度な治療を実現するため、
当医院ではドイツのカール・ツァイス社製の最新マイクロスコープを導入しております。

脳神経外科や眼科など、精緻な治療が必要な分野で使用されていた製品で、歯科で導入している医院、扱える歯科医師は限られています
※日本で導入している医院は数%程度と言われています

⇒「マイクロスコープによる さらに高精度な治療」はこちら

フェイスボウ

フェイスボウ
▲Denar社
スライドマチック・フェイスボウ

当院では、精密な噛み合わせを構築するため、Denar社のスライドマチック・フェイスボウという診断機器を導入しています。

フェイスボウは、患者さんそれぞれに適した歯の形態を作る為に必須な製品です。

関連記事 ⇒ フェイスボウについて

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
047-401-4433
●月~金 09-20時 *お昼休無(最終受付19:30)
●土日祝 10-13時 / 14-18時(最終受付17:30)

初診用診療予約無料カウンセリング

診療時間表
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台3-1-1 エキタきたなら3F
きたならエキ歯科

地図

新京成線/東葉高速鉄道
「北習志野駅」直結駅ビル

駐車場20台完備(マツキヨのビル地下)