矯正

  • 【小児矯正】T4K(マウスピース)

    こんにちは。

    本日は、T4Kと言う子供に特化した矯正の方法をご紹介します。

    矯正と言うと、ワイヤーを使ったものを想像される方が多いのではないでしょうか。

     

    子供の歯を治したいけど、ワイヤーだと見た目が心配・・・

    ワイヤーは口の中を切ったりしないかな・・・磨き残しで虫歯にならないかな・・・などなど

    心配になって踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

     

    今回ご紹介するT4Kとは、マウスピース型の矯正です。

    簡単にT4Kを説明すると、写真にあるようなマウスピース型の装置を使い、お口の周辺にある筋肉(口腔筋)を適切に発達させ、子供の成長・発育を支援することで良好な歯並びを導き出す・・・と言うようなイメージです。

     

    DSCF3049_2EPSON MFP image

     

     

    無料相談を実施しておりますので、子供の歯並びが気になりましたら、

    遠慮なくご相談ください。

     

    ​船橋市習志野台の歯医者
    東葉高速・新京成線 北習志野駅 直結
    きたならエキ歯科

  • 【歯医者は怖い?】北習志野:主任のつぶやき⑥

    こんにちは。

    きたならエキ歯科の上田です。

    今回は「矯正」についてご紹介します。

     

    私は八重歯があり、やや出っ歯です。

    歯が生え変わる時期から歯並びが悪くなってしまい、

    現在矯正を考えています。

     

    今回は、そんな私が疑問に感じた、

    ”なぜ歯並びは悪くなってしまうのか”と

    ”矯正のメリット”についてお話ししようと思います。

     

    ”なぜ歯並びは悪くなってしまうのか”

    日本人は昔から他の国に比べて、歯並びが悪いと言われています。

    なぜなら、日本人は元々顎が小さく、狭いスペースに歯を並べようとすると、

    どうしても重なってしまう傾向にあるからだそうです。

     

    また、親からの遺伝も歯並びに影響します。

    正確には、歯並びを作る要素である、骨や歯の大きさ、

    骨の前後の位置などが遺伝するそうです。

     

    他にも、癖によって歯並びが悪くなってしまうことがあります。

    ~主な原因となる癖~

    指しゃぶり     下唇を噛む    口呼吸

    舌で歯を押す   片側だけで嚙む  頬杖を付く

     

    私は子供の頃おしゃぶりと頬杖をよくしていたので、原因かもしれません。

     

    次に、”矯正のメリット”についてお伝えします。

    ①虫歯の抑制

    歯並びが悪いと、どうしても隙間や磨き残しが出来てしまい、

    虫歯になるリスクが高いとされています。

    歯並びを整えることで、虫歯を抑制し、歯を長持ちさせることができます。

     

    ②運動力の影響

    かみ合わせとスポーツは親密な関係にあります。

    ボクシングやラグビーでマウスピースをするのは、

    歯の保護と同時に、しっかりと食いしばり、体に力を入れることが目的です。

    歯並びが悪いと顎や頭の位置が不安定になり、運動能力に悪い影響が出てくるそうです。

    確かに、世界で活躍する選手で歯並びが悪い人は見たことがないですね。納得です。

     

    ③メンタル面の向上

    歯並びは第一印象を大きく変えてしまいます。

    歯並びが悪い方や、歯並びがコンプレックスで人前でうまく笑顔が作れないという方は、

    第一印象で損をしている可能性があります。

    にこっと自然な笑顔を見せることができれば、自分に自信が持てるようになり、

    これからの生活が少し楽しくなるかもしれません。

     

    矯正についてもっと知りたいという方がいらっしゃいましたら、

    矯正の料金や期間、方法について、当院のHPに詳しく載っていますので、

    是非ご覧ください。

    ↓↓歯科矯正 歯並び マウスピース矯正 インビザライン(見えない矯正)↓↓

    http://kitanara-dental.net/ortho/

    当院では無料相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

    次回は「歯茎」についてご紹介します。

     

    船橋市習志野台の歯医者
    東葉高速・新京成線 北習志野駅 直結
    きたならエキ歯科

  • 【矯正】藤本研修会矯正コース講師の加治先生と

    こんにちは。きたならエキ歯科、冨田です。

     

    現在、矯正の勉強会に参加しています。

     

    インプラント、矯正、補綴を一人のドクターが行うことで、統合的で予知性の高い治療が可能になります。
    保存不可能と診断された歯も矯正を組み込むことによって保存を可能にすることも出来ます。

     

    こうした勉強会に積極的に参加することで、歯科の可能性と言いますか、

    「歯医者に出来ること」、患者さんに提供出来ることを

    もっともっと広げていきたいと思います。

     

    1434355610200_2 1434355634765

     

    ​船橋市習志野台の歯医者
    東葉高速・新京成線 北習志野駅 直結
    きたならエキ歯科
  • 【マウスピース矯正】インビザライン症例検討会

    昨日はインビザラインを用いたマウスピース矯正の症例検討会に参加してきました。

    KIMG0410
    今までマウスピースでは不可能とされていた難症例であっても95%治療可能になりました。世界ではマウスピース矯正がワイヤー矯正よりもメジャーになりつつあり、日本は遅れている状況です。矯正中の見た目も良く、歯を抜かずに矯正が可能な同システムは今後日本においても普及していくことと思います。

     

    ​船橋市習志野台の歯医者
    東葉高速・新京成線 北習志野駅 直結

    きたならエキ歯科 冨田

  • 見えない矯正、インビザライン

    こんにちは。

    本日は、当院で実施出来るインビザラインについてご紹介します。

    矯正と言えば、ワイヤーを使った矯正が一般的ですよね。

    インビザラインは「見えない矯正」で、食事の時、取り外せる矯正です。

    最近では、モデルさんや俳優さんなどがコッソリ始めているケースもあり、

    気付かれない矯正、と言う感じです。

     

    ホントに?と言う方、こちらを。

    私もちょっと興味があるので、実際つけていらっしゃる患者さんにお願いして、凝視させて頂きました(笑)

    視力2.0以上の私でも、10秒くらい凝視して、じっくり見ないと判らない・・・と言うレベルです。

     

    会社の人や学校などで、この写真位、他人から顔を近づけることは日常生活ではほとんどないでしょうし、普通に会話していると判らないレベルです。

    ご興味のある方は、是非、ご相談ください。

    Invisalign_Trio3