症例

  • サージカルテンプレート「歯ぐきを切らない安全なフラップレスインプラント」

    フラップレスインプラント

    主訴 インプラント手術が怖い
    治療部位 下の歯列の両端後方
    治療期間 即時
    コメント 通常、インプラント手術の際に、歯肉を切開し、歯肉とあごの骨にインプラントを埋め込むする穴を開ける工程があります。その際に専用のドリルを使用するのですが、骨が細かったり、0,1mm単位で正確に埋入が必要な場合、サージカルガイドシステムが役立ちます。写真のように、マウスピース状のもので、ドリルを開ける位置に正確に穴があいており、そこにドリルを入れることで、ドリルが固定されることで安定し、理想的な埋入を確実に行う事ができます。
    もう一つのメリットは、歯肉を開かないため、痛みが少なく治癒も早いことがあげられます。サージカルガイドはCTを元に行った徹底した術前シミュレーションを行います。インプラント治療時にCTやサージカルガイドを用いている歯科医院は、まだ非常に少ない現状です。しかし、より安全なインプラント治療を行うにはサージカルガイドは必須だといえます。
  • 前歯の抜歯即時インプラント(骨移植・結合組織移植)

    抜歯即時インプラント

    主訴 前歯が折れているのでインプラントを希望
    治療部位 上顎前歯
    治療期間 3ヵ月
    コメント 若い女性の患者様で笑った時も美しくみられたいというご要望から、インプラント埋入に併せて歯ぐきの移植を併用しました。本来インプラントは歯を抜いて治癒期間を待って骨が再生した後に手術を行うのが一般的ですが、前歯の頬側骨は歯を抜いた直後から吸収が始まります。ですので抜歯即時埋入と呼ばれる技術を用い、頬側骨が吸収する前にインプラントを埋入+人工骨による増骨を同時に行います。手術後は仮歯をいれるため見た目も変わりません。CTでも設計通りに埋入できていることが確認されました。長期間快適に使っていただけることでしょう。
  • インプラントで固定する入れ歯(ロケーターインプラント義歯)

    口元

    口腔内

    レントゲン

    ロケーター義歯

    主訴 入れ歯が安定しなくてグラグラする
    治療部位 下の歯
    治療期間 3ヵ月
    コメント 下の顎堤(=土手状に盛り上がった歯肉の部分)の骨が極度に吸収し、他院でもお手上げの状態とのことで来院されました。費用を極力抑えたいというご希望があった為、最小限のインプラントを用いたオーバーデンチャー(ロケーターインプラント義歯)を提案しました。完成後は「食事中も会話中も入れ歯がはずれない」と喜んでいただきました。
  • ワンデイ-ONE DAY インプラント(1日で噛める即日インプラント)

    術前の口元

    術中のCT画像

    術後のオールオン4

    主訴 虫歯と歯周病で歯が動く
    治療部位 上の歯全て
    治療期間 仮歯は即日(one day)。最終的なセラミック歯は6か月後。
    コメント オールオン6(骨の状態によってはオールオン4)という技術を用いることによって、歯が1本もない患者さんでも手術をしたその日に歯が入り食事をすることが可能になります。
    写真のように骨が全くない状態であってもインプラントを安全に埋入できる骨を確保することができます。この治療法の長所は、今までのインプラント治療であれば歯が無くなったところに一本一本インプラントを入れて3~6ヶ月待つ必要がありましたが、6本のインプラントをバランスよく埋め込めこむことで、その日の内に物が噛める即時荷重が可能となりました。
  • 矯正 当院のマウスピース矯正

    患者さん笑顔

    正面

    下顎

    上顎

    レントゲン

    主訴 10カ月後の結婚式までに前歯の歯並びを治したい、歯を抜きたくない
    治療部位 上下矯正
    治療期間 前歯は10カ月、奥歯を含めた全ての歯の治療が終わるまで6ヶ月
    コメント マウスピース矯正を行うメリットとして、

    1. ブラケットを付けないので歯ぐきが傷つかない
    2. 見た目が美しい
    3. 歯を抜く必要がない
    4. フロスを使った清掃が可能

    無理なく矯正ができ、写真のように、最高の笑顔をいただきました。