症例

  • セラミック治療

     

    オールセラミック

    主訴 笑ったときの前歯を美しくしたい
    治療部位 上の前歯
    治療期間 2週間(来院回数3回)
    コメント 自費治療専用の印象材を用いたり、冠と歯の適合を最適化するために、圧排糸を2重に使用しました。セラミック専門の技工士が丹精込めて作成しています。セラミック材はプラーク(汚れ)がつきにくく、光が反射し歯茎もみずみずしくうつります。セラミックは割れやすい素材の為、強い衝撃を与えると欠けてしまうことがあります。
  • 小児のマウスピース矯正

    小児のマウスピース矯正

    装置

    主訴 前歯のすき間と左上の反対咬合を治したい
    治療部位 上の前歯
    治療期間 3ヵ月
    コメント 「子供の歯並びが気になるけど矯正費用は高いのではないか」という不安をお持ちの方には簡易型の小児マウスピース矯正をおすすめします。ワイヤー矯正で治す100%の治療でなく、実用的な75%の「歯ならび」と「咬み合わせ」を目指します。マウスピースを装着し口の周りの筋肉と舌を鍛えることで、正しい歯列へ導きます。間違った舌位置や口呼吸のような癖を正し、歯並びや顎の発達に良い影響を与え歯列を改善します。これにより費用を抑えながらある程度治すことができます。それによってほぼ治るお子さんもいますし、100%治す必要がある場合は床矯正(子供の成長を利用して顎を広げる方法)などに移行することも可能です。その場合、最初から床矯正するよりも子供に負担をかけずに治療が可能となります。
  • 上顎、下顎ほどんど歯が無い患者さんが1日で歯が入り快適に食事ができます

    上下オールオンフォー

    主訴 見た目が気になって笑えない。噛めない。
    治療部位 上の歯、下の歯のすべて
    治療期間 仮歯は1日、 治療期間3ヵ月
    コメント 下の歯は4本、上の歯は5本インプラントを埋め込み、上下ともに1日で歯をセットしました。上の歯に関しては、単に5本埋入すればいいという問題ではありません。鼻の下の硬い骨を使ったり、ガミースマイル(=歯茎が見えてしまう笑顔)改善のために骨を削ったりする必要があります。また、下の歯は神経麻痺を回避するためにオトガイ孔(下の神経の出口)にプローブ(=先端の細い専用の器具)を挿入したりと細かなケアが大切です。
    また、歯の治療をしてもどうしても歯を残すことが難しい状態に対しても、インプラントを埋めこむと同時に抜歯をすることで、All on 4の治療が可能になります。手術をしたその日のうちに仮歯が入るため、すぐに固定式の歯が必要だというような人にも向いている治療法です。長時間の手術の為身体への負担が大きく、患者様によっては腫れる場合がございます。
  • オールオンフォー(All-On-4)即日インプラント

    正面オールオンフォー

    下顎オールオンフォー

    レントゲン

    主訴 入れ歯が合わない
    治療部位 下顎すべて
    治療期間 手術した同日に仮歯が入り、お食事が可能
    コメント 初診時には、咬合高径といって本来患者さんが歯がすべてあった状態での咬み合わせの高さが失われている方が多いです。そして、長い年月歯の無い状態で食事を続けていると脳が高さを失った状態をインプットしてしまいます。舌や筋肉の動きを正しくするために3ヵ月は仮歯の状態で慣らしてもらいます。
    仮歯といっても入れ歯と違って取り外しが必要なく、ご自分の歯と同様の感覚でお食事が可能です。3ヵ月後にセラミック歯を装着しています。フレーム(土台の骨組)にはコバルトクロム、チタン、ポーセレンの3種類ありますが、当院では患者様のお口の状況に応じて変えています。今回はチタンフレームを選択しました。
    本来、チタンフレームとセラミック歯は接着しないのですが、当院では最新の技術を用いて強固に接着されています。それによって、チタンの軽量であるというメリットを最大限いかすことが可能になりました。食事の際、慣れるまでしばらく違和感が出る場合がございます。
  • オールオンフォー(ALL ON 4)インプラント

    オールオンフォー

    主訴 お肉が食べれるようになりたい
    治療部位 上顎すべて
    治療期間 手術と同日に仮歯を入れお食事が可能
    コメント 初診時の写真にあるように、咬む場所がなく、今まで流動食や舌で潰せる食べ物しか噛めない状況でした。そうすると、お肉などのたんぱく質が摂取できず、栄養バランスが偏ってしまいます。
    患者さんには10時に来院していただき、麻酔科の専門医による安心リラックス麻酔で眠っていただきました。その後All-on-5テクニックを用い12時には手術・印象・咬合採得(かみ合わせのシュミレーション)が完了。18時に仮歯をセットしました。
    また、当院ではすべてのインプラント患者様にCTを無料で撮影しています。さらにそのCTデータを元に専用のソフトでインプラント埋入のシミュレーションを細かく設計することで安全で予知性の高いインプラント埋入を実現しています。手術の範囲が大きい為、手術時間が長く身体への負担が大きくなってしまうデメリットもございます。
  • サージカルテンプレート「歯ぐきを切らない安全なフラップレスインプラント」

    フラップレスインプラント

    主訴 インプラント手術が怖い
    治療部位 下の歯列の両端後方
    治療期間 即時
    コメント 通常、インプラント手術の際に、歯肉を切開し、歯肉とあごの骨にインプラントを埋め込むする穴を開ける工程があります。その際に専用のドリルを使用するのですが、骨が細かったり、0,1mm単位で正確に埋入が必要な場合、サージカルガイドシステムが役立ちます。写真のように、マウスピース状のもので、ドリルを開ける位置に正確に穴があいており、そこにドリルを入れることで、ドリルが固定されることで安定し、理想的な埋入を確実に行う事ができます。
    もう一つのメリットは、歯肉を開かないため、痛みが少なく治癒も早いことがあげられます。サージカルガイドはCTを元に行った徹底した術前シミュレーションを行います。インプラント治療時にCTやサージカルガイドを用いている歯科医院は、まだ非常に少ない現状です。しかし、より安全なインプラント治療を行うにはサージカルガイドは必須だといえます。骨の状況(幅や厚み)によっては、骨移植・骨造成が必要になる場合がございます。
  • 前歯の抜歯即時インプラント(骨移植・結合組織移植)

    抜歯即時インプラント

    主訴 前歯が折れているのでインプラントを希望
    治療部位 上顎前歯
    治療期間 3ヵ月
    コメント 若い女性の患者様で笑った時も美しくみられたいというご要望から、インプラント埋入に併せて歯ぐきの移植を併用しました。本来インプラントは歯を抜いて治癒期間を待って骨が再生した後に手術を行うのが一般的ですが、前歯の頬側骨は歯を抜いた直後から吸収が始まります。ですので抜歯即時埋入と呼ばれる技術を用い、頬側骨が吸収する前にインプラントを埋入+人工骨による増骨を同時に行います。手術後は仮歯をいれるため見た目も変わりません。CTでも設計通りに埋入できていることが確認されました。長期間快適に使っていただけることでしょう。患者様によっては数日間痛みや腫れを引き起こす場合がございます。
  • インプラントで固定する入れ歯(ロケーターインプラント義歯)

    口元

    口腔内

    レントゲン

    ロケーター義歯

    主訴 入れ歯が安定しなくてグラグラする
    治療部位 下の歯
    治療期間 3ヵ月
    コメント 下の顎堤(=土手状に盛り上がった歯肉の部分)の骨が極度に吸収し、他院でもお手上げの状態とのことで来院されました。費用を極力抑えたいというご希望があった為、最小限のインプラントを用いたオーバーデンチャー(ロケーターインプラント義歯)を提案しました。完成後は「食事中も会話中も入れ歯がはずれない」と喜んでいただきました。義歯を長く保つために定期的な口腔内のお掃除と調整が必要になります。
  • ワンデイ-ONE DAY インプラント(1日で噛める即日インプラント)

    術前の口元

    術中のCT画像

    術後のオールオン4

    主訴 虫歯と歯周病で歯が動く
    治療部位 上の歯全て
    治療期間 仮歯は即日(one day)。最終的なセラミック歯は6か月後。
    コメント オールオン6(骨の状態によってはオールオン4)という技術を用いることによって、歯が1本もない患者さんでも手術をしたその日に歯が入り食事をすることが可能になります。
    写真のように骨が全くない状態であってもインプラントを安全に埋入できる骨を確保することができます。この治療法の長所は、今までのインプラント治療であれば歯が無くなったところに一本一本インプラントを入れて3~6ヶ月待つ必要がありましたが、6本のインプラントをバランスよく埋め込めこむことで、その日の内に物が噛める即時荷重が可能となりました。噛み合わせに慣れるまでは食感がつかみにくく味が落ちたりする場合がございますが、半年くらいで問題なくなります。
  • 矯正 当院のマウスピース矯正

    患者さん笑顔

    正面

    下顎

    上顎

    レントゲン

    主訴 10カ月後の結婚式までに前歯の歯並びを治したい、歯を抜きたくない
    治療部位 上下矯正
    治療期間 前歯は10カ月、奥歯を含めた全ての歯の治療が終わるまで6ヶ月
    コメント マウスピース矯正を行うメリットとして、

    1. ブラケットを付けないので歯ぐきが傷つかない
    2. 見た目が美しい
    3. 歯を抜く必要がない
    4. フロスを使った清掃が可能

    無理なく矯正ができ、写真のように、最高の笑顔をいただきました。(患者様の歯列状況によってはマウスピース矯正をおススメできない場合がございます。)