症例

  • FGG+CTG+口腔前提拡張術

    FGG+CTG後インプラント

    主訴 歯茎の幅がない
    治療部位 上顎前歯部
    治療期間 2ヶ月
    コメント インプラント骨造成を多量に行った場合、減張切開といって歯茎を伸ばして骨の感染を予防します。その際、口腔前提と言われる歯茎の底部が浅くなってしまうため、インプラントが定着した後に底部を深くしてあげると同時に、角化歯肉といわれる丈夫な歯茎を移植します。今回、3カ所の移植を行ったのですが、底部の2カ所は上皮付き(FGG)の移植片で後戻り防止のために、歯冠部の1カ所は上皮なし(CTG)移植片で行っています(上皮付きだとディスカラーが生じる可能性があるため)。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
047-401-4433
●月~金 09-20時 *お昼休無(最終受付19:30)
●土日祝 10-13時 / 14-18時(最終受付17:30)

初診用診療予約無料カウンセリング

診療時間表
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台3-1-1 エキタきたなら3F
きたならエキ歯科

地図

新京成線/東葉高速鉄道
「北習志野駅」直結駅ビル

駐車場20台完備(マツキヨのビル地下)