症例

  • サージカルテンプレート「歯ぐきを切らない安全なフラップレスインプラント」

    フラップレスインプラント

    主訴 インプラント手術が怖い
    治療部位 下の歯列の両端後方
    治療期間 即時
    コメント 通常、インプラント手術の際に、歯肉を切開し、歯肉とあごの骨にインプラントを埋め込むする穴を開ける工程があります。その際に専用のドリルを使用するのですが、骨が細かったり、0,1mm単位で正確に埋入が必要な場合、サージカルガイドシステムが役立ちます。写真のように、マウスピース状のもので、ドリルを開ける位置に正確に穴があいており、そこにドリルを入れることで、ドリルが固定されることで安定し、理想的な埋入を確実に行う事ができます。
    もう一つのメリットは、歯肉を開かないため、痛みが少なく治癒も早いことがあげられます。サージカルガイドはCTを元に行った徹底した術前シミュレーションを行います。インプラント治療時にCTやサージカルガイドを用いている歯科医院は、まだ非常に少ない現状です。しかし、より安全なインプラント治療を行うにはサージカルガイドは必須だといえます。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
047-401-4433
●月~金 09-20時 *お昼休無(最終受付19:30)
●土日祝 10-13時 / 14-18時(最終受付17:30)

初診用診療予約無料カウンセリング

診療時間表
〒274-0063 千葉県船橋市習志野台3-1-1 エキタきたなら3F
きたならエキ歯科

地図

新京成線/東葉高速鉄道
「北習志野駅」直結駅ビル

駐車場20台完備(マツキヨのビル地下)